スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(十四段)

伊勢物語(十四段)
  むかし 男 みちの国にすずろに行きいたりにけり
  そこなる女 京の人はめづらかにやおぼえけむ
  切に思へる心なむありける  さて かの女

なかなかに恋に死なずは桑子にぞ
  なるべかりける玉の緒ばかり


  歌さへぞひなびたりける
  さすがにあはれとや思ひけむ いきて寝にけり
  夜深く出でにければ女

夜も明けばきつにはめなでくたかけの
  まだきに鳴きてせなをやりつる


  といへるに 男「京へなむまかる」とて

栗原のあねはの松の人ならば
  都のつとにいざといはましを


  といへりければ
  よろこぼひて「思ひけらし」とぞいひをりける

昔 男が陸奥の国にあてどもなく辿り着いた
そこに住む女は都の人を珍しく思ったのであらう
ひたすらその男に思ひを寄せる心があった そしてその女は


なまじ恋に焦がれて死ぬよりも たとへ短い間の命でも
夫婦仲が良いと言はれている蚕になりたい


人としては勿論のこと 歌までも田舎びていた
とはいふものの やはり心をうたれたのであらう 男は
女のもとへ行って一夜寝た しかしまだ夜の深いうちに
女の家を去ったので女は


夜が明けたらあの鶏め水槽にぶち込んでやる
鶏め 早すぎる時刻に鳴いてあの人を帰らせてしまった


と歌を詠んだ 男は「おいとまして都へ帰ります」と言ひ

栗原の姉歯の松が人であるなら都への土産に
「さぁ一緒に」と言ひたいところですが・・
あなたはこの地を離れられない姉歯の松
ご一緒できないのが残念です


と詠んだところが 女はその意味を違へ すっかり喜んで
「あの人は私を愛していたのだよ」と言っていたのだった

みちの国 = 陸奥の国  すずろに = あてもなく
そこなる女 = その土地に住む女
切に思へる心 = ひたすら思ひを寄せる心  桑子 = 蚕
玉の緒 = 玉を連ねる緒・命の意・玉の間に少ししか
  見えないので短い命の意
歌さへぞ = 人柄は勿論のこと歌までも
ひなび = 田舎風
夜深く出で = まだ夜の深いうちに男は女の家を出た
きつ = 水桶  はめなで = はめてやる・ぶち込んでやる
くたかけ = 鶏(この鶏め)  せな = 女から男を指す
京へなむまかる = 都へ帰ります
よろこぼひて = 女はすっかり喜んで
思ひけらし = あの人は私を愛していたのだ
いひをりける = 人々に話した

作者は田舎者の女を冷笑しています
夜深く出でにければ・・即ち女に魅力を感じなかった
きつにはめなでくたかけの・・方言まる出し
女は男の歌を誤解・・松を待つとでも受取ったのでせうか
男の歌の裏の意は「お前は田舎者 都へは連れて行けぬ」

COMMENT

せつない

 田舎者である私にはかなしい話です。誤解があってこそうまく行くのではないかなぁ。

作者は誰?

私も田舎から都会へ出た若い頃 方言が抜けるまで田舎者扱いされました
妻が同郷でよかった (^0^)/

はじめまして
三友亭主人gatayanと申します。

根気の要る作業を、地道に続けておられますねえ・・・

また、訪問させてもらいます。

愉しむ

gatayanさん いらっしゃい ♪♪♪
好きなことは飽きないもんですねぇ
3年半前から太極拳にのめりこみ そのせいにしてよいものかだうか 毎日の更新は無理ですが 月に2回くらいなら ゆっくり推敲しながら自ら愉しんでいます

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。