スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(十六段)

伊勢物語(十六段)
  むかし 紀の有常といふ人ありけり。三代の帝に仕う
  まつりて時にあひけれど のちは世かはり時うつりに
  ければ 世の常の人のごともあらず。人がらは心うつく
  しく あてはかなることを好みて こと人にも似ず
  貧しく経ても なほ昔よかりし時の心ながら 世の常の
  ことも知らず。年ごろあひなれたる妻 やうやう床離れ
  て つひに尼になりて 姉のさきだちてなりたる所へ
  行くを 男 まことにむつまじきことこそなかりけれ
  今はと行くを いとあはれと思ひけれど 貧しければ
  するわざもなかりけり。思ひわびて ねむごろにあひ
  語らひける友だちのもとに 「かうかう今はとてまか
  るを 何事もいささかなることもえせで遣はすこと」
  と書きて おくに

手を折りてあひ見し事をかぞふれば
  とをと言ひつつ四つは経にけり


  かの友だち これを見て いとあはれと思ひて 夜の物
  までおくりてよめる

年だにもとおとて四つは経にけるを
  いくたび君をたのみ来ぬらむ


  かくいひやりたりければ

これやこのあまの羽衣むべしこそ
  君がみけしとたてまつりけれ


  よろこびに堪へで また

秋や来る露やまがふと思ふまで
  あるは涙の降るにぞありける


昔 紀有常といふ人がいた 三代の帝にお仕へし時勢の波に
乗って羽振りもよかったが 帝も変り時勢も変化したので
暮らし向きも世間並み以下に落ちぶれてしまった しかし
有常の人柄は心がきれいで 上品で高貴なことを好み 他の
人とは違っていた 貧しい暮らしを送っていても やはり
昔の裕福だった時代の心のままで世事に疎かった
長年連添ってきた妻も次第に(有常から)心が離れてゆき
とうとう尼になって 姉で先に尼になっているところへ行く
のを 有常はこの妻と本当に心から打ち解けたことは
なかったが これでお別れと去り行く妻を とても可哀相だと
思ったけれど 貧乏だったので してやるべきことも出来な
かった 困りきって常日頃親密に付合っていた友達(業平)
ところに「かういふ訳でこれが限りと(妻が)出て行くのに
何ひとつしてやれないで行かせることは辛いことです」と
手紙に書いてその端に


今 妻と別れるに際し 今日まで妻と過ごしてきた年月を
指を折って数へたら四十年も経ってしまっていた
  十四年といふ説もある


例の友だちはこの歌を見てとても可哀相に思ひ着物は勿論
の事 夜具まで添へて贈り歌を詠んだ


無常に過ぎ行く年月さへ四十年も過ぎたのに その間
奥さんは幾度あなたを頼りに思って生きて来られたので
せうね


と言ってやると有常は

これがかの有名な天から降り下った天の羽衣なんですね
あなたが身に付けておられたもの 私には身に余るもので
ござひます


喜びのあまり有常はまた一首

秋が来て露が置いたのであらうかと見間違へるほどに
有難く嬉しく思ふ気持で嬉し涙があふれ袖が濡れています


紀有常 = 業平の妻の父親
三代の帝 = 仁明・文徳・清和
時にあふ = 男の場合は時流に乗る 女の場合は寵愛される
世の常の人のごともあらず = 世間並みの人のやうでもない
あてはかなること = 気品があって高貴なこと あて(貴)
床離れて = 夫婦が寝床を別にすること
えせで = することが出来ないで
天の羽衣 = 尼の羽衣に掛けているか???
君がみけし = あなたのお召し物 みけし(御着衣)

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。