スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(二十一段)

伊勢物語(二十一段)
  むかし 男 女 いとかしこく思ひかはして こと心なかり
  けり。さるをいかなることかありけむ いささかなる
  ことにつけて 世の中を憂しと思ひて 出でて去なむと
  思ひて かかる歌をなむ よみて ものに書きつけける

いでていなば心軽しといひやせむ
  世のありさまを人は知らねば


  とよみおきて 出でていにけり。この女かく書きおき
  たるをけしう 心おくべきことも覚えぬを 何によりてか
  かからむと いといたう泣きて いづかたに求めゆかむと
  門に出でて とみかうみ見けれど いづこをはかりとも
  覚えざりければ かへり入りて

思ふかひなき世なりけりとし月を
  あだにちぎりて我やすまひし


  といひてながめをり

人はいさ思ひやすらむ玉かづら
  面影にのみいとど見えつつ


  この女いと久しくありて 念じわびてにやありけむ
  いひおこせたる

今はとて忘るる草のたねをだに
  人の心にまかせずもがな


  返し

忘れ草植ふとだに聞くものならば
  思ひけりとは知りもしなまし


  またまた ありしよりけにいひかはして 男

忘るらむと思ふ心のうたがひに
  ありしよりけに ものぞかなしき


  返し

中空に立ちゐる雲のあともなく
  身のはかなくもなりにけるかな


  とはいひけれど おのが世々になりにければ
  うとくなりにけり

むかし男と女が お互に心から愛し合ひ 他の人に心を移す
やうなことはなかった。 それなのにどんなことがあった
のか 些細な事が原因で 女は夫婦間に嫌なものを感じて
家を出て行かうと思ひ こんな歌を詠んで 物に書付けた


私が家を出て行ったなら 軽薄な女だと世間の人は言ふで
せう 夫婦間のことは他人には分からないのだから


さう詠みおいて家を出て(何処へとなく)去って行った
この女がこんな風に書いておいて行ったのを 男は理解
出来ず 女が自分からこころが離れていった心当たりも
ないので だうしてかうなったのであらうと ひどく泣いて
何処へ探しに行けばよいのかと門を出て あっちを見たり
こっちを見たりしたが 何処を目当てに女が出て行ったのか
見当もつかないので家に戻り


いくら愛しく思っても思ふ甲斐のない仲であったなぁ
長い年月をいい加減に縁を結んで私は暮らしてきたので
あらうか


と歌を詠んで物思ひに耽っていた

あの人は さぁだうだか 私のことを思っているのだらうか
面影が見え隠れするのは あの人が私のことを思っている証
だといふが さぁだうだか


当時の風習では 自分の夢幻に想ふ相手が現れるなら
それは相手が自分を想っている証だとされていた

女はずいぶん日にちが経ってから 我慢しきれなくなった
からであらうか 男に歌を詠んで寄こした


今となってはもう終りだと言って 私を忘れてしまふ忘れ
草の種を せめて あなたの心には蒔かせたくないのです


男から女への返歌

私が 忘れ草を植えている とだけでもお聞きになったなら
それは私があなたを思っていたのだと知って欲しいのです


この男女は再び以前にも増して心を込めた歌のやりとりを
して 男が次の歌を詠んだ


もう私を忘れてしまっているだらうといふ疑心のために
以前別れた当時以上に悲しくてたまらないのです


女から男への返歌

空の真ん中に漂っている雲が跡形もなく消えるやうに
あなたを頼りにしていいものやら 我が身は何か中途半端
な状態です


などと言っていたけれど 男女共それぞれ愛人を持つやうに
なったので 二人の仲は自然と疎遠になってしまった

いとかしこく = それはそれは(夫婦が)敬愛しあう様
こと心なかりけり = 異心
  男も女も他の異性に心を動かすやうなことはなかった
さるを = さうであるのに
世の中 = 夫婦の間柄
  世間・社会の意もあるが多くは男女の関係の意
ものに書きつけける = ここでいふ「もの」とは 歌を
  書付ける「紙」以外の何か  障子・襖・柱など
世のありさまを = 夫婦間の事情
人は知らねば = 「人」は世間の人・他人
  「人」に夫が含まれると解釈すると 夫も実は私を
  理解してくれていない・・の意になってくる
  私はこの歌では「人」に夫は含まれていないと解釈
けしう = 怪しう 不審に想ふ気持
かからむと = かくあらむと
  「かく」は女が歌を残して出て行ったこと
みかうみ = 見かう見 あっちを見たりこっちを見たり
玉かづら = 玉は美称・「玉葛」は「かけ」「影」の枕詞

深く愛しあっている積りが ちょっとしたきっかけで女は
家を出て行った
男は女のそのデリカシー(いささかなること)に気づかな
かったのです

「人はいさ」の類似歌が万葉集(2-0149)にあります


  天皇崩後之時倭太后御歌一首

  人者縦 念息登母 玉蘰 影尓所見乍 不所忘鴨

人はよし念ひ止むとも玉蘰
  影に見えつつ忘らえぬかも

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。