スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(二十三段)その二

伊勢物語(二十三段)その二
  さて年ごろ経るほどに女 親なくたよりなくなるままに
  もろともにいふかひなくてあらむやはとて
  河内の国 高安の郡にいきかよふ所 出できにけり
  さりけれどこのもとの女 悪しと思へるけしきもなくて
  いだしやりければ 男 こと心ありてかかるにやあらむと
  思ひうたがひて前栽の中にかくれゐて河内へいぬる顔
  にて見れば この女いとよう化粧じてうちながめて

風吹けば沖つ白浪たつた山
  夜半にや君がひとり越ゆらむ


  とよみけるを聞きて限りなくかなしと思ひて
  河内へもいかずなりにけり

結婚してやがて年月も経ち 女の親が亡くなり生活が不如意
になってゆき 男は二人ともがみじめな生活に陥って
よいものかと 河内国に通ふべき女を見つけた
しかし この女は不快な顔ひとつせずに男を送り出すので
男は 女が別の男を愛する心があって こんなに寛大なのでは
ないかと疑ひ 庭の植木の陰に隠れて 河内の女の所へ行った
やうなふりをして 女を見張っていると 女はとても綺麗に
化粧をして物思ひに耽け


風が吹くと沖の白浪が立つ その名の龍田山を
あの人は この夜半にひとり越えて行くのであらうか


前の二句は 龍田山を導くための序
白浪たつ・・の「たつ」から龍田山の「たつ」を導いている

と詠んだのを聞いて男は この女をこの上なく愛しいと思ひ
それ以降 河内の女の所へは行かなくなった

夫が不在なのに何故この女は「いとよう化粧じて」か?
この女は心のゆかしい人で 女としての身だしなみを
忘れなかったのです
伊勢物語の作者好みの女性です

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。