スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(四十段)

伊勢物語(四十段)
  むかし若き男 異しうはあらぬ女を思ひけり
  さかしらする親ありて 思ひもぞつくとて この女を
  ほかへおひやらむとす さこそいへ まだおひやらず
  人の子なれば まだ心いきほひなかりければ
  とどむるいきほひなし 女も卑しければ すまふ力なし
  さるあひだに思ひはいやまさりにまさる 俄かに親この
  女をおひうつ 男 血の涙をながせども とどむるよしなし
  率て出でて去ぬ 男 泣く泣くよめる

出でて去なば誰か別れの難からむ
  ありしにまさる今日は悲しも


  とよみて絶え入りにけり 親あわてにけり
  なほ思ひてこそいひしか いとかくしもあらじ と思ふに
  真実に絶え入りにければ
  まどひて願たてけり 今日の入相ばかりに絶え入りて
  又の日の戌の時ばかりになむ からうじて息出でたりける
  むかしの若人は さるすける物思ひをなむしける
  今の翁まさにしなむや

昔 若い男が かなり美しい召使の女に恋をした
分別ぶって差し出がましいことをする親がいて 二人をこの
ままにしておくと 女に対する思ひが本物になってしまふかも
知れないと この女を他所へ追ひ出さうとした さうは言っても
まだ急には追ひ出さずにいた 男は親がかりの身で まだ親に
逆ふ気力も生活力もなかったので 親が女を追ひ出すことを
引き止める気力も力もなかった 女にしてみても 身分が
低かったので 抵抗する力はなかった さうかうしている間に
男の女に対する恋情はいやが上にも勝ってきた 俄かに親は
この女を追ひ出さうとした 男は悲痛な涙を流したが これを
止めるすべがない 親が頼んだ誰かが女を連れ出し女は去った
男は泣く泣く歌を詠んだ


女が自分から出て行くのなら誰だってこんなに
別れ辛いだらうか 別れ辛くはあるまひ
だが無理に別れさせられるのだから以前に勝って今日は悲しい


と詠んで気を失ってしまった 親は慌てた もともと息子の
ためを思って言ったのに まさかこんなことにならうとは
と意外に思ひながらも 本当に気絶してしまったので うろたえて
神仏に願を立てた 日没頃に気を失った男は 翌日の夜八時頃
やっと息を吹返した
昔の若者は このやうにひたむきな恋をしたものだ
今の翁にこんなことが出来るであらうか

昔の若者・・自分の若かった頃もこのやうであった
今の翁・・・その私も今は年老ひて もうそんな情熱はない

異しうはあらぬ女 = まんざら悪くない女・かなり美しい女
さかしらする = 分別ぶって差し出がましいことをする
思ひもぞつく = 思ふ心が強くなるといけないと思って
人の子なれば = まだ親がかりであったので
心いきほひなかりければ = 親に逆らふ力もなかったので
女も卑しければ = と あるので この女は家の召使
すまふ力 = 争ふ・張り合ふ・抵抗する
率て出でて去ぬ = 親の命令で家人か他の召使が女を
  連れだし女は去った
絶え入りにけり = 気絶してしまった
思ひてこそいひしか = 息子のためを思ったからこそ言ったのに
いとかくしもあらじと思ふに = これほどでもあるまいと
  思ったのだが
願たてけり = 息子が生き返るやう神仏に願を立てた
入相ばかり = 日暮れの頃
又の日の戌の時 = 翌日の午後八時頃
すける物思ひ = ひたむきの恋
しなむや = 死なむや の解釈もあるが
 今の私は「することが出来るだらうか」の意に解釈しました

ビセーの組曲「アルルの女」のストリーでは
アルルの女とその恋人が馬で去った後
フレデリは納屋の屋根から飛び降りて死ぬ
ルノー婆さんだったかバルタザール爺さんだったかが言ふ
「恋で死ぬ男だっているんだ」と

私は中学の頃からこの曲が好きで
ラジオで放送があると聴いていました
若い頃お金を貯めてフルートを買ったのも
アルルの女のメヌエットを弾きたひがためでした

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。