スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(六十五段)その一

伊勢物語(六十五段)その一
  むかし おほやけ思おぼして使う給ふ女の 色ゆるされ
  たるありけり 大御息所とて いますがりけるいとこ
  なりけり 殿上にさぶらひける在原なりける男の まだ
  いと若かりけるを この女あひ知りたりけり 男 女方
  ゆるされたりければ 女のある所に来て向かひをりけれ
  ば 女「いとかたはなり 身も亡びなむ かくなせそ」
  といひければ

思ふには忍ぶることぞ負けにける
  逢ふにしかへば さもあらばあれ


  といひて曹司におり給へれば例のこの御曹司には
  人の見るをも知らでのぼりゐければ
  この女 思ひわびて里へ行く
  されば何のよきことと思ひて いき通ひければ
  皆人聞きて笑ひけり  つとめて主殿寮の見るに
  沓はとりて奥に投げ入れてのぼりぬ
  かくかたはにしつつありわたるに身もいたづらに
  なりぬべければ つひに亡びぬべしとて このおとこ
  「いかにせむ わがかかる心やめたまへ」と仏神にも
  申しけれど いやまさりにのみおぼえつつ
  猶わりなく恋しうのみおぼえければ 陰陽師 巫よびて
  恋せじといふ祓の具してなむいきける
  祓へけるままに いとど悲しきこと数まさりて
  ありしよりけに恋しくのみおぼえければ

恋せじと御手洗川にせし禊
  神はうけずもなりにけるかな


  といひてなむ去にける

むかし 天皇がご寵愛になって召使はれた方で禁色を許され
た方がおられた 大御息所といっておられた方の従姉妹で
あった 殿上に出仕していた在原氏の男で 歳もまだ若かっ
た男を この女は互いに知合っていた 男は後宮への出入り
を許されていたので この女がいる所へ来て目の前に座るも
のだから 女は「みっともない あなたの身の破滅でせう
およしなさい」と言ふと 男は


あなたを想ふ心の強さに 態度に出すまひと我慢する心が
負けてしまひました あなたに逢ふことと引換なら 私の
身など だうなってもかまひません


といって 女が清涼殿から部屋に下がられると 男はいつもの
ごとく 他の人が見るのもかまはずに この女の部屋に やっ
て来ては居るので 女は困り果てて実家へ帰った すると
男は 何と好都合なことだと 女の実家の方へ通って行ったの
で 人々は皆これを聞いて笑った その翌朝 主殿寮が見て
いるのに 沓をとって沓置き場の奥に投げ入れ殿上に登った
このやうに見苦しい行動を続けている内に 自分自身ぬけが
らのやうになり 最後には破滅してしまふに違ひないと思ひ
この男は「だうしゃう 私のこのやうな心を止めて下さい」
と神仏にお祈りしたが ますます想ひが募るばかりで むやみ
に恋しいとだけ思はれたので 陰陽師や巫を呼んで 恋はしま
ひといふ祓の道具を持って河原へ行った 祓ひ終えると 女
を想ふ気持がますます募って 今まで以上に殊更恋しく想は
れたので 男は


恋をするまいと御手洗川でした禊を
神様は受入れて下さらなくなってしまった


といって その場を立去った

おほやけ = ここでは天皇の意
思して = おぼして・ご寵愛になって
使う給ふ女の = 召し使はれた女で
色 許されたる = 禁色(衣の色)を許された女
大御息所 = おほみやすんどころ
    ここでは藤原明子・清和天皇の母
いますかり = 「居り」の尊敬語
いとこ = 藤原高子・後の二条の后と藤原明子は従姉妹
女方ゆるされたり = おんながた
   女のいる所へ出入りを許されていた
かたはなり = みっともない 見苦しい
かくなせそ = こんなことは するな
曹司におり給へれば = 自分の部屋にお下がりになられると
里へ行く = 実家へ戻った
何のよきことと = 何と都合のよいことだと
つとめて = 早朝(又は翌朝)
主殿寮 = とのもづかさ 宮中の掃除・薪炭などを司る役人
かくかたはにしつつありわたるに = このやうに見苦しい
  ことをしながら日を送っている内に
身もいたづらになりぬべければ = 自分の身も駄目に
  なってしまひさうだったので
つひに亡びぬべし = しまひにはきっと身が破滅するだらう
かかる心 = 狂おしく苦しく恋する心
いやまさりにのみ = ますます情がつのるだけで
わりなく = 訳もなく・理もなく・だうにもならず
祓の具して = はらへの道具をもって
いとど = 更に・いっさう
ありしよりけに = 以前にも増して一段と
御手洗川 = 固有名詞ではない・禊のための近くの川
禊 = みそぎ
神はうけずも = 「神様が受けてくれない」といふよりも
  寧ろ恋ふ思ひがますます深まった・・の意であらう

COMMENT

命がけの恋

まだ殿上童だったのでしょうか。
ませた子供の命がけの恋、胸を打ちます。
御手洗川の歌は、好きな歌です。

二条の后

業平は二条の后より年上ですから これはあくまで創作上のことでせうね
この段はとても長いので2回に分けました

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。