スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(六十九段)その一

伊勢物語(六十九段)その一
  むかし 男ありけり その男 伊勢の国に狩の使に行き
  けるに かの伊勢の斎宮なりける人の親「常の使よりは
  この人 よくいたはれ」といひやれりければ 親のこと
  なりければ いとねむごろにいたはりけり あしたには
  狩にいだし立ててやり 夕さりはかへりつつ そこに来さ
  せけり かくてねむごろにいたづきけり 二日といふ夜
  男「われて逢はむ」といふ 女もはた いと逢はじとも
  思へらず されど人目しげければ え逢はず 使実とあ
  る人なれば 遠くも宿さず 女の閨ちかくありければ
  女 人をしづめて 子一つばかりに男のもとに来たりけり
  男はた寝られざりければ外のかたを見出して臥せるに
  月のおぼろなるに 小さき童を先に立てて人立てり
  男 いとうれしくて わが寝る所に率ていりて 子一つ
  より丑三つまであるに まだ何ごとも語らはぬに かへ
  りにけり 男いとかなしくて寝ずなりにけり つとめて
  いぶかしけれど わが人をやるべきにしあらねば いと
  心もとなくて待ちをれば明けはなれて しばしあるに
  女のもとより 言葉はなくて

君や来し我や行きけむおもほえず
  夢かうつつか寝てかさめてか


  男いといたう泣きてよめる

かきくらす心の闇にまどひにき
  夢うつつとはこよひ定めよ


  とよみてやりて 狩に出でぬ

むかし或る男がいた その男が狩の使となって伊勢に赴いた
伊勢神宮に仕へる未婚の皇女の母親から「普通の使よりは
この人を よくねぎらひなさい」との伝言があったので
斎宮は 親の言葉であるから 男を大切にもてなしていた
朝は狩に出かける世話をして送り出し 夕方には 帰って
来るとすぐに斎宮の邸に来させた このやうにして丁重に
男の労をねぎらった 二日目の夜 男が「是非逢ひたひ」と
言ってきた 女もまた 絶対に逢ふまひ とは思っていない
だが人目が多いため逢はなかった 男が使者たちの中の主
だった人であったので 斎宮の寝所からそんなに離れた部屋
に泊めてもいない 斎宮の寝所と男の寝所は近くにあった
ので 女は人を寝静まらせて午前零時頃 男の許にやってきた
男はまた 女を思って寝られなかったので 外の方を眺めなが
ら 横になっていると おぼろな月明かりの中に 小さな子供
を先に立たせた女が立っていた 男は大変嬉しくて 女を
自分の寝所に連れてきて 午前三時頃までいたが 満足に語り
あふこともない内に 女は帰っていった 男はとても悲しく
て そのまま起きていた その翌朝 女のことが気になるが
こちらから使ひを遣れる立場でもないので 不安なまま 女
からの使ひを待っていると 夜が明け切ってしばらくの後
女の許より 手紙の文章はなくて 歌だけが届いた


あの時 あなたがやって来たのでせうか
それとも私が訪れたのでせうか
私には分かりません
あれは現実だったのでせうか
それとも夢だったのでせうか


男は泣きに泣いて これを詠んだ

あの時 心も闇に迷ふやうな状態で 何が何だか分かりません
あれが夢であったのか 現実だったのかは 今晩確かめて下
さい (今夜もう一度逢ひたひ)


と詠んで 女の許に遣り 自分は狩に出た

狩の使 = 朝廷の用に供する鳥獣の狩猟に遣はされた勅使
斎宮 = いつきのみや
伊勢の斎宮 = 伊勢神宮に奉仕した未婚の内親王
  文徳皇女・恬子内親王 (やすこ てんし)のこと
親 = 斎宮・恬子の母親 紀名虎の女(紀静子)
  静子の姪の夫が業平
いたはれ = 大切にしなさい・ねぎらひなさい
いひやれり = 手紙や使者を通じて言ってやる
ねむごろに = 丁寧に・心の深くこもった態度についていふ
夕さりは帰りつつ = 夕方には帰って来ると(すぐに)
そこに来させけり = 斎宮の邸に来させた
いたづきけり = 世話をした・いたはった
二日といふ夜 = 斎宮の所に泊って二日目の夜
われて逢はむ = ぜひとも逢ひたい・「逢ふ」は男女の契り
使実 = つかひびと 使者たちの中の主だった人・正使
子一つ = 午前零時頃   丑三つ = 午前三時頃
まだ何ごとも語らはぬに = 肉体的に契らないまま
つとめて = 翌朝
いぶかし = 気になって気持がすっきりしない
わが人 = 自分の方の使ひ
言葉はなくて = 詞はなくて・手紙の文句はなくて

古今和歌集の詞書では 女の方からやって来たとも男の方が
女を訪ねたとも書いてない
また「かきくらす」で古今和歌集の方は「世人さだめよ」
となっていて何とも味気ない

伊勢物語では「男のもとに来たりけり」であり「かきくら
す」の方も「こよひ定めよ」
物語であればこそ かう来なくっちゃぁ といったところです



古今和歌集 巻第十三 恋歌三 645

業平朝臣の伊勢の国にまかりたりける時 斎宮なりける人に
いとみそかに逢ひて またの朝に 人やるすべなくて 思ひを
りけるあひだに 女のもとよりおこせたりける   読人不知
                               
君や来し我やゆきけむおもほえず
       夢か現かねてか覚めてか


古今和歌集 巻第十三 恋歌三 646 在原業平

かきくらす心のやみにまどひにき
       夢うつつとは世人さだめよ

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。