スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(七十八段)

伊勢物語(七十八段)
  むかし多賀幾子と申す女御おはしましけり うせ給ひて
  七七日のみわざ安祥寺にてしけり 右大将藤原の常行と
  いふ人いまそがりけり そのみわざにまうで給ひて
  かへさに山科の禅師の親王おはします
  その山科の宮に滝おとし水走らせなどして おもしろく
  造られたるにまうで給うて
 「年ごろよそには つかうまつれど近くはいまだ つかう
  まつらず 今宵はここにさぶらはむ」と申し給ふ
  親王よろこび給うて夜の御座のまうけせさせ給ふ
  さるにかの大将出でてたばかり給ふやう
 「宮仕へのはじめに ただなほやはあるべき 三条の
  大御幸せし時 紀の国の千里の浜にありける
  いとおもしろき石奉れりき 大御幸の後 奉れりしかば
  ある人の御曹司の前の溝にすゑたりしを
  島好み給ふ君なり この石を奉らむ」とのたまひて
  御随身舎人して取りにつかはす
  いくばくもなくて持て来ぬ この石ききしよりは見るは
  まされり 「これをただに奉らば すずろなるべし」
  とて 人々に歌よませ給ふ 右の馬の頭なりける人のを
  なむ あをき苔をきざみて蒔絵のかたに この歌をつけて
  奉りける

あかねども岩にぞかふる色見えぬ
  心を見せむよしのなければ


  となむよめりける

むかし多賀幾子と申す女御がいらっしゃいました お亡くな
りになって四十九日の法事を 安祥寺で行ひました 右大将
藤原の常行といふ方がおられました その法事に参列なさっ
ての帰り道に 山科の禅師の親王がお住まいになっておられ
る その山科のお邸に 親王が庭に滝を落し小川を流しなどし
て 風流に造られた庭園を訪ねられて「ずっと前からよそな
がら敬慕致してりますが 身近くお仕えしたことはまだあり
ません 今夜はここに伺候いたしませう」と申されました
親王は喜ばれて夜の寝所の用意をおさせになった
(親王は喜ばれて夜の宴の席の用意をおさせになった)
ところが かの大将は部屋から退出して共の人々と相談する
には「宮仕への始めに ただ何の贈り物もしないで そのまま
でよいであらうか そのやうな訳にはいかない 清和天皇が
三条邸に行幸なさった時 紀の国の千里の浜にあった風流な
石を献上しました 行幸の後であったので ある女房の住ん
でいる部屋の前の溝に置いてあったのを 庭作りを愛好され
る方であるこの親王に この石を差し上げませう」とおっし
ゃって お供の御随身や舎人に命じて取りに差し向けた 間
もなくこの石を持って戻って来た この石はかねて耳にして
いたより 実際に見ると勝っていた「この石を歌も付けない
で そのまま差し上げたならば 風情がなく つまらないであ
らう」と人々に歌を詠ませられた
右の馬の頭であった人の歌を 青い苔を削り蒔絵のやうにし
て この歌を石に書き付けて その石を献上した


不満足ですが この石で私の心に代えます
親王をお慕ひする心を表面にあらはさうにも
あらはす方法がないので


と 詠んだのであった

うせ給ひて = おなくなりになって
七七日のみわざ = 四十九日の法事
かへさに = 帰りがけに・帰り道
山科の禅師の親王 = 仁明天皇第四皇子 人康親王
滝おとし水走らせ = 滝を落としたり水を流したり
  庭の池に石を積み重ね懸桶で水を引いて水を落とす
おもしろく造られたるに = 風流に造ってある御殿に
年ごろ = この数年来
よそには つかうまつれど = よそながら心の中でお仕え
  申し上げたが
ここにさぶらはむ = ここに泊まりお仕え致しませう
夜の御座(おまし) = 寝所  夜の酒宴の席とも
まうけせさせ給ふ = 「まうけ」は「設け」
  準備をおさせになられた
さるに = ところが
出でてたばかり給ふやう = たばかりの「た」は接頭語
  「はかる」は 考へ巡らす・相談する・欺く などの意
  宮の部屋から外に出て人々と相談されるには
宮仕へ = もとは宮廷へ宮仕へることであったが 後
  貴人の所に仕へることにも使ふやうになった
ただなほやはあるべき = ただ何もしないでそのままで
  よいであらうか それではいけない 何か趣向を
  こらした贈り物をあげたひ
  「なほ」平凡・何もしないの意
三条の大御幸 = 清和天皇が常行の父 藤原良相の三条の
  百花亭へ観桜の宴に行幸された
紀の国の千里の浜 = 良相の所領があった
  白砂と岩石の美に富み有名な所
石奉れりき = 千里の浜の人々が良相に石を献上した
ある人の御曹司 = ある女房の住んでいる部屋
島 = 池の中島・庭園 作庭のことをもいふ
御随身 = 護衛役   舎人して = 舎人をもって
ただに奉らば = 何もしないで(歌などをつけることも
  しないで)このまま差し上げたら
すずろなるべし = つまらないであらう
  「すずろなる」は興ざめ・風情がないの意
あをき苔をきざみて = 石の青苔を削り取って
  (歌の文字を石に示す)
蒔絵のかたに = 蒔絵模様に
あかねども = 「あく」は満足する
岩にぞかふる = 岩を自分の心の代りとして捧げる
色見えぬ = 色に表れない・表面に出ない自分の心中のこと
見せむよし = お見せする方法

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。