スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(九十四段)

伊勢物語(九十四段)
  むかし 男ありけり いかがありけむ その男すまずな
  りにけり のちに男ありけれど 子あるなかなりけれ
  ば こまかにこそあらねど 時々ものいひおこせけり
  女がたに 絵かく人なりければ かきにやれりけるを
  いまの男のものすとて 一日二日おこせざりけり
  かの男「いとつらく おのが聞ゆることをば 今までた
  まはねば ことわりと思へど なほ人をばうらみつべき
  ものになむありける」とて 弄じてよみてやれりける
  時は秋になむありける

秋の夜は春日わするるものなれや
  霞に霧や千重まさるらむ


  となむよめりける 女 返し

千々の秋ひとつの春にむかはめや
  紅葉も花もともにこそ散れ


むかし ある男がいた どうした事情があったのか その男
は女の所へ通ひ続けなくなってしまった のちに女には別
の男が出来たが 前の男との間には子がいる仲だったので
前の男は とくに愛情こまやかとまではいかないが 時々女
に便りをよこしていた その女が絵を描く人だったので
男から女の方に絵を描いて欲しいと手紙を出していたが
新しい男が来ているといふわけで 一日二日 返事をしなか
った かの男は「薄情にも私がお願いしていることを今ま
でしてくれないのは 無理もないことだとは思ふけれど そ
れでもなほ あなたを恨めしく思はずにはいられない」と
いって 皮肉って詠んでやった 季節は丁度 秋だった


秋の夜になると 以前の春の日のことなど忘れてしまふ
ものなのか 春の霞よりは秋の霧のほうが千倍も勝って
いるのであらうか

秋の霧を今の男に 春の霞を自分にたとへて「新しい男が
出来ると かっての夫など忘れてしまふものかねぇ」と
皮肉っている


と詠んでやった 女が返し

千の秋でも一つの春に対抗できませうか でも秋の紅葉も
桜の花も同じく散ってしまふのです

秋の紅葉を今の男に 桜の花を自分に擬して 今の男との
仲もやがては絶えることでせう あなたの時と同じやうに


この絵を描く女とは とんな人だったのでせうか
とても気になります

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。