スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(九十六段)

伊勢物語(九十六段)
  むかし 男ありけり 女をとかくいふこと月日経にけり
  石木にしあらねば 心苦しとや思ひけむ やうやうあは
  れと思ひけり そのころ六月の望ばかりなりければ 女
  身に瘡一つ二つ出できにけり 女いひおこせたる「い
  まはなにの心もなし 身に瘡も一つ二つ出でたり 時
  もいと暑し すこし秋風ふき立ちなむ時 かならず逢は
  む」といへりけり 秋まつころほひに ここかしこより
  「その人のもとへいなむずなり」とて 口舌出できにけ
  り さりければ 女の兄 俄かに迎へに来たり されば
  この女 かへでの初紅葉を拾はせて 歌をよみて 書きつ
  けておこせたり

秋かけていひしながらもあらなくに
  木の葉降りしくえにこそありけれ


  と書きおきて「かしこより人おこせば これをやれ」と
  て去ぬ さて やがて 後つひに 今日までしらず よく
  てやあらむ あしくてやあらむ いにしところも知ら
  ず かの男は 天の逆手をうちてなむ呪ひをるなる
  むくつけきこと 人の呪ひごとは 負ふものにやあらむ
  負はぬものにやあらむ 「いまこそは見め」とぞいふなる

むかし ある男がいた 女をいろいろ口説いて かなりの月
日が経った 女も石木ではないので 気の毒に思ったのであ
らうか 次第に男を愛するやうになった その頃は六月の十
五夜の頃であったので 女は体に汗疹が一つ二つできてしま
った 女が言ってよこした 「今はあなたのお気持ちに対
して何の異存もありません ただ 体に汗疹が一つ二つでき
ています それに時候もとても暑いことです 秋風が吹く
頃に必ずお逢ひしませう」と言っていた 六月の末頃 女の
周囲のあちこちから 「女が例の男の所に行かうとしている
ようだ」という悪口 非難がなされるようになった そこで
この女の兄が 急に女を迎へに来た すると女は 楓が初め
て紅葉したのが散っているのを拾はせて 歌を詠んで男のも
とによこして来た


秋になったら とお約束していた通りにもならずに その秋
が来た途端に 木の葉は散って道に積もるだけのはかないご
縁でござひました


と書いて置いて 「あの人の所から使ひをよこしたら これ
を渡しなさい」と言ってそこを立ち去った そのまま以後
の女の消息は遂に今日まで知らない 幸せでいるのやら 不
幸せなのやら 行った場所も分からない かの男は天の逆手
を打って女を呪っているということだ 気味悪いことよ
人の呪ひの言葉は 本当に身にふりかかるものなのか ふり
かからないものなのか知らないが 「今に思ひ知るだらう」
と男は言っているさうだ

石木 = いはき 岩や木のことで 感情のないもののたとへに
   よく引用される
秋風ふき立ちなむ時 = 今が六月の十五夜の頃だから あと
   半月で七月 秋風ふき立ちなむ時 となる
えにこそありけれ = 「え」は「縁」
天の逆手 = どんな仕草か分からない

女の悲しい訴へが 男には届いていない 淋しい段

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。