スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(百一段)

伊勢物語(百一段)
  むかし 左兵衛督なりける在原の行平といふありけり
  その人の家によき酒ありと聞きて うへにありける左中
  弁藤原の良近といふをなむ まらうどざねにて その日
  はあるじまうけしたりける なさけある人にて 瓶に花
  をさせり その花のなかに あやしき藤の花ありけり
  花のしなひ三尺六寸ばかりなむありける それを題に
  てよむ よみはてがたに あるじのはらからなる ある
  じし給ふと聞きて来たりければ とらへてよませける
  もとより歌のことは知らざりければ すまひけれど
  強ひてよませければ かくなむ

咲く花のしたにかくるる人おほみ
  ありしにまさる藤のかげかも


 「などかくしもよむ」といひければ 「おほきおとどの
  栄華のさかりにみまそかりて 藤氏のことに栄ゆるを
  思ひてよめる」となむいひける みな人そしらずなり
  にけり

むかし 左兵衛督であった在原行平と
いう人がいた その人の家に美酒があるといふのを聞いて
人が集まって来たが 殿上人である左中弁の藤原良近という
人を 正客ということにして その日は主人となって もてな
しの宴を設けた 行平は風流を解する人で 瓶に花を差して
あった その花の中に変った藤の花があった 花の垂れた
房が三尺六寸ほどもあった それを題にして歌を詠んだ
詠み終わる頃に行平の兄弟である男(業平)が 兄が客をもて
なしておられると聞いてやって来たので 早速つかまえて歌
を詠ませた 当人は本来歌のことは何も知らなかったので
固辞したけれども 強ひて詠ませたところ このように詠んだ


大きく咲く花の下に隠れる人が多いので 以前より増して
大きくなる藤の木陰であることよ


だうしてこんな風に詠むのか と人々が言ったので この
男は「太政大臣はいま栄華の絶頂にいらっしゃって 藤原
ご一門が特別栄えているのを思って詠んだのです」と答へ
たのだった 人々は訳が分かったので非難しなくなった

人々は当初この歌を藤原氏賞賛の歌とは受け取らなかった
 藤原氏の庇護を蒙る人が多いから 在原氏をさしおいて
 藤原氏の傍流がちやほやされていることよ
とも受け取れないこともないのです

本当は業平はそんなことも踏まえ 賞賛の歌の歌意も考へ
詠んだのかも知れません 多分さうでせう

左兵衛督 = さひゃうゑのかみ

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。