スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(百七段)

伊勢物語(百七段)
  むかし あてなる男ありけり その男のもとなりける人
  を 内記にありける藤原の敏行といふ人 よばひけり
  されどまだ若ければ 文もおさおさしからず 言葉もい
  ひ知らず いはむや歌はよまざりければ かのあるじな
  る人 案を書きて かかせてやりけり めでまどひにけ
  り さて男のよめる

つれづれのながめにまさる涙川
  袖のみひぢて逢ふよしもなし


  返し 例の男 女にかはりて

浅みこそ袖はひづらめ涙川
  身さへながると聞かばたのまむ


  といへりければ 男 いといたうめでて いままで巻きて
  文箱に入れてありとなむいふなる
  男 文おこせたり 得てのちの事なりけり 「雨の降り
  ぬべきになむ見わづらひ侍る 身さいはひあらば この
  雨は降らじ」といへりければ 例の男 女にかはりて
  よみてやらす

かずかずに思ひ思はず問ひがたみ
  身をしる雨は降りぞまされる


  とよみてやれりければ 蓑も笠もとりあへで しとどに
  濡れてまどひきにけ

むかし 高貴な男がいた その男の所にいた女性に 内記で
あった藤原の敏行といふ人が求愛した しかし女はまだ若
かったので 手紙もしっかりとは書けず 恋の言葉の使ひ方
も知らず 況や最もみやびな言語であるべき歌は詠めなかっ
たので 家の主人である人(業平)が下書きを書いて 女に清
書させて敏行に送ってやった 敏行はだうしてよいか分か
らないほど感心した そこで 敏行の詠んだ歌


何も手につかずに あなたへの想ひに沈んでいると 私の流
す涙の川は この長雨で水量が増えた川のやうになって お
目にかかる術もないままに 袖が濡れるばかりです

ながめ = 物思ひの眺め・長雨の掛詞


その歌の返歌を例の男(業平)が女に代って

あなたの涙川が浅いからこそ袖が濡れるのでせう 身まで
流れると言はれるのでしたら 思ひの深さを信じて あなた
を頼みといたしませう

贈歌の「袖のみひぢて」を わざと「袖しか濡れない」の意
に解釈して応酬したのです


と詠んできたので敏行は大変ひどく誉めて 今もその手紙を
大切に保存していると言はれているさうです
男は手紙を女のもとにやりました それは女を手に入れて
からのことでした 「逢ひに行きたいが雨が今にも降りさ
うなので 空模様を見て困っています わが身に幸運がある
ならば この雨は降らないでせう (逢ひに行きたひのに雨に
妨げられるとは 私も運の悪い男ですねぇ)」と言ってきた
ので また例の男(業平)が女に代って 敏行に歌を詠み送った


心から私を思って下さっているのかだうか お尋ねするわけ
にもいきませんでしたから お便りをいただいて わが身の
幸せも この程度だったのかと覚った涙の雨が ますますひ
どく降ってくるのです


と詠んでやると 男は蓑も笠も手にとるゆとりもなく ずぶ濡
れになって 慌てふためいてやってきた

内記 = 宮中の記録を司る官人 学問のある者が任ぜられた
藤原敏行 = 南家藤原氏 母は紀名虎の娘 業平の妻の従弟
かずかずに = しきりに


古今和歌集 巻十四 恋四

  藤原敏行朝臣の業平の朝臣の家なりける女をあひしり
  て ふみつかはせりけることばに いままうでく 雨の
  降るけるをなむ 見わづらひ侍る といへりけるをきき
  て かの女に代りてよめりける

かずかずに思ひ思はずとひがたみ
  身をしる雨はふりぞまされる

                   業平の朝臣

藤原敏行と在原業平 と この三首については
2005/09/09 にも掲載しています

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。